隣の芝は青く見えると言いますが、友達や近所の人たちは生活にゆとりがあるように思えて自分だけが節約生活をしているように感じられて辛いときはありませんか。貧すれば鈍するのことわざがあるようにお金にとらわれていると感性が鈍り自分が貧相に見えてきます。しかし、それは気のせいとも言えるでしょう。近年、消費者金融が目覚しいほどの発展を見せています。テレビのコマーシャルに頻繁に出てくるのでもわかるでしょう。それほど利用する人が多いのです。どうやってゆとりのある生活をしているのかというと、お金が必要なときには躊躇なくアコムなど大手の消費者金融で借り入れをします。そして使った分をゆっくりと返済していくのです。使ったお金がわかると返済計画を建てやすく収入と支出のバランスを良くできるのです。将来あるかもしれない出費に備えて貯金をするといくら必要なのかははっきり分かりません。よって無理な節約に苦しめられたり不安になったりしますが、逆の発想でまずは出費をお金を借りる事でしておいて、後から使った分だけ家計を締めるのです。そうすれば余計な節約をせずとも計画性をもってお金の遣り繰りができるでしょう。上手にお金と付き合いましょう。